のしがけの選び方

内のしは、包装紙で包む前の品に直接のし紙をかけ、その上から包むもので、外のしは包装紙で包んだ後で、のし紙をかけます。


のし紙には誰からどういう名目で送られてきたのか書いてありますから、外のしは一目で、誰がどのようなお祝いをしてくれたのかわかるようになります。当社では商品の破損や汚れ防止のため、上から更にエアパッキンなどの緩衝材で簡易包装をほどこし、段ボール梱包・発送しています。


本来贈与品は、のしをかけて、風呂敷に包んで持参していました。時代の流れの中で、風呂敷が包装紙に変わったと考えれば、内のしになります。


直接相手先に送る場合は内のしで、持参する場合は、外のしという使い分けもあるようです。地域や慣習によって異なる場合もあります。


土地柄で言えば、関東は外のし、関西は内のしを好むと言われますが、これと言って決まっているわけではありません。地域や慣習によって異なる場合もあります。

区切り